FX業者をランキングでご紹介


"FXとはForeign Exchange といい、日本語では、外国為替証拠金取引と言います。

「証拠金」と呼ばれるお金をFXの会社に預けて、そのFXの会社を通して、日本円を使って外貨を買ったり売ったりする取引のことをいいます。

FX取引を始めるには、自分が始めるFXの会社を決める必要があります。今では、沢山の会社が存在しますので、自分でここなら、と思う会社を選んで取引手続きをします。

複数の会社を通して取引をすることも出来ますので、1社に限る必要はありません。そして、その会社に申し込みをして、必要な書類が送られて来たら、身分証明書のコピーと一緒にFXの会社に送り返します。海外バイナリーオプション業者のハイローオーストラリアでも同様のプロセスを行うことで身元確認を済ませる必要があります。

数日中に取り引きが出来るようになります。取り引きができるようになったら、自分が取り引きをする通貨を決めます。感覚として馴染みがある通貨のほうが取り引きがしやすいでしょう。そのために、アメリカのドルやヨーロッパのユーロの取り引きをしている人が多いようです。

参照: KAIGAIBESTFX.com

通貨を選んだら、その通貨を「買う」か「売る」かを見極めます。

円安傾向なら「買い」から入り、円高傾向になると読んだら「売り」から入ります。円安だったら、買った通貨の価値がどんどん上がっていくので、利益が生じます。

FXの醍醐味は自分が持っている証拠金の数倍から数百倍の取り引きが実際に行われることです。それをリバレッジと呼びます。これこそバイナリーオプション 比較では無い重要な視点となります。

これはバイナリーオプションでは無い世界観で、リバレッジのおかげで少ない証拠金、つまり少ない資金でも大量の取り引きをすることができるのです。
取り引きをする額が大きくなればそれだけ利益も上がりやすくなります。

その代わり、読みが逆に出てしまうと損益が出てしまい、もともと持っていた資金が少なくなってしまうこともあります。

そのような取り引きをする場合、円の価値がどのように動くかを見極める目をもつことが大切です。日頃から政治や経済ニュースを見ていると、為替が動く機会というのがわかるようになってきます。

今は円安が続いていますが、今からFXを始めるとなると、このまま円安が続くかどうかを見極める必要があります。このまま円安が続くと思ったら、ドルやユーロなどを「買い」ます。円安はとまり、今度は円高になると思えば、ドルやユーロなどを「売り」から入ります。その見極めが勝負の決め手になります。

外貨を買うにしろ、売るにしろ、証拠金が多くなったり少なくなったりしますから、いつも利益があるとは限りません。

そのために、この値段までになったら決済をするというところを決めて置くことが大切です。そうすると損益が出ても、最小限に留めることができます。

外為取引にはFXという言葉が良く使われますが、国内業者と国外業者合わせて実に数100社があります。

25倍までのレバ規制に苦しめられることになっている国内業者を尻目に500倍以上のレバレッジを提供してその分スプレッドも低めに設定している国外業者は注目されています。

ランキングで紹介します。